東京で遺品整理をしたいなら業者へ依頼しよう

東京で遺品整理をしたいなら業者へ依頼しよう

ダンボール

遺品整理は業者へ依頼するのがおすすめ

家族が亡くなった場合は、遺品整理を行う必要があります。もし遺品が多くあった場合は、家族や親戚などでは時間と労力がかかり何かと負担がかかります。そのような時は専門業者へ依頼するのがおすすめです。専門業者であれば、遺品を廃棄する必要があった場合は適切な処分をしてくれるなど、とても便利です。遺品整理の専門業者へ依頼する際は、「遺品整理士」という資格を持っている人が在籍している会社を選ぶようにしましょう。遺品整理士であれば知識が豊富ですのでどのような処理をすればよいのか的確な判断ができます。ホームページなどに「遺品整理士」の資格を持っている人が在籍しているか判断できない場合は、電話などで直接確認しましょう。

担当者の対応をチェック

遺品整理の業者を依頼する際は、電話やホームページの問い合わせフォームから依頼すると思います。その時の担当者がどのような対応なのかチェックしておきましょう。遺品整理はとてもデリケートな作業となります。家族や親族方のお気持ちを汲んで親身になって話を聞いてくれるかチェックしておきましょう。また見積もりを出す人と遺品整理の作業をする人が同じかも併せて確認しておきましょう。見積もり出す人と実際の作業をする人が異なっている場合、情報伝達にミスがあったりして思わぬトラブルになる可能性もあります。必ず事前に見積もり出す人と実際の作業をする人が同じか確認しておきましょう。

複数の業者へ見積もりを出そう

遺品整理の業者へ依頼する際は、複数の業者へ見積もりを出しましょう。複数の業者へ見積もりを出すことにより、実際にかかる費用の相場が把握できますし、相場とかけ離れた費用を払うことを防ぐことができます。そのため複数の業者へ見積もりを出しましょう。なお見積もり依頼する業者多すぎても、業者が下見にする回数が増えますし、比較がしずらくなってしまいますので、3社から4社までに留めておきましょう。3社から4社であれば、ちょうどいいバランスで比較もしやすくなると思います。また同じような条件で見積もりを依頼すれば、どの業者がよいかすぐに把握できます。最近は東京エリアの業者へ依頼する方が増えつつあるようです。

責任者が現場に来てくれるかチェック

遺品整理の見積もり依頼をする際、責任者が現場に来てくれるかチェックしましょう。現場に来てくれたら、疑問に思ったことは些細なことでも質問をぶつけてみましょう。どのような質問でも的確に答えてくれるかが重要なポイントです。ちゃんと質問に答えてくれるということは、それだけ知識を持っているということになりますので、きちんとした仕事をしてくれます。また見積もりの金額を提示する際に、どのような作業でどれだけの費用がかかるか明確に記載されているか確認しておきましょう。「実は追加で料金がかかった」という場合がありますので、必要な全ての費用が記載されているか確認し、これ以上追加料金は発生しないか確認するのが大切です。

広告募集中