葬儀の見積書の基本的な知識を知っておこう

葬儀に色々な費用がかかる

中原区で葬儀を予定されてて、葬儀費用がどれくらいかかるのか分からない方は少なからずいらっしゃると思います。葬儀社に依頼する際に見積書をもらうと思います。その見積書の金額と実際にかかった費用に誤差が生じることが多々あります。今回はその見積書の基本的な知識を紹介しますので参考にしてください。

葬儀の見積書の基本的な知識を知っておこう

お花

見積書に関する基本的な知識

葬儀を葬儀社へ依頼する時には必ず見積もりを出してもらいましょう。見積もりを出してもらうことによって、予算内に葬儀費用が収まるか確認できます。葬儀費用の内訳として「葬儀自体の費用」「寺院費用」や「飲食接待費用」になります。葬儀社から出される見積書は「葬儀自体の費用」だけが記載されます。その「葬儀自体の費用」には祭壇のセットや霊柩車の手配など、葬儀社から提供されるものが含まれます。

飲食接待費用は見積書に記載されない場合が多い

飲食接待費用は見積書に記載されない場合が多いです。葬儀社自体が飲食を提供するのではなく、飲食店や専門業者へ代行で発注するため見積書に記載されない場合が多いです。飲食接待費用は葬儀社へ支払うのではなく、飲食店や専門業者へ支払う必要があります。そのため、事前に飲食接待費用がどれくらいかかるのか確認しておきましょう。

寺院費用も見積書に記載されない

寺院費用も見積書に記載されません。寺院費用というのはお坊さんへお布施として支払うもののため、葬儀社の見積書に記載されません。お布施には度胸や戒名、またお車代として支払います。大体の相場は55万円前後ですが、戒名によって大きく左右されます。これは戒名にランクがあるためです。一般的には20万円前後ですが、ランクが高いものに戒名しますと35万円程度かかります。

広告募集中